とりあえずはじめてみた

stgamenなんだかんだで、とりあえずはじめてみることにしました。

せっかく購入したので書籍「日経BP社 アプリを作ろう! Andorid入門」を利用しながら進めていくことにしました。

さて、起動画面では…やぱり、一番上の「Start a new Android Studeo project」を選ぶんだろうな…。

すると、

createnewprojectの画面が登場。

「Andorid入門」ではおみくじアプリなので、アプリケーションの名前を「おみくじ…」などと入力してみると下部に赤文字でインタラクティブに「だめだよ」的な表示が現れた。

ここでは、アルファベットでアプリの名前ではなくプロジェクトの名前を入れるのかな…と勝手に解釈し、しかも最初の文字を小文字で打ったら「最初は大文字がいいよ」なんて表示されるので、

Omikuji-TEST

で入力。

あとはよくわからないので、そのまま進めてみよう(笑)。

次の画面、

2へー、よくできてるなぁと思いつつ、やはりここもそのまま。

 さらに、次の画面、
3またまた、へー、いろいろ簡単にできそうだなと思いつつも、やっぱりよくわからないので、そのまま進めてみよう。
さらにつぎも、デフォルトのまま進めると
6なんか、いろいろ進行してくれて、次の画面。
 でこのような画面に…。
いろいろできそうだけどきょうはここまで。

Androidアプリ

とくにつくりたいアプリがあるわけじゃないんですが、なんとなく興味があったので、日経BP社の「アプリを作ろう! Andorid入門」を購入…、ずっとほったらかしにしてあったけどとりあえず開発環境だけを作ろうかと…思ったら、まったくうまくいかない!

あれやこれやしているうちに、「Android Studio」という開発環境が新しくできていることがわかりました。
なので、これを使ってアプリづくりに挑戦していこうと思っています。

と、まだまだプロローグ。

[WP]1つのWordPressプログラムで複数のサブドメインサイトを運営する

01いわゆるWordpressのネットワーク化ということですね。
※ここでは、Wordprss3.8で解説しています。

このサイトであれば
メインサイト:http://www.uoshichi.com
サブサイト1:http://hoge1.uoshichi.com
サブサイト2:http://hoge2.uoshichi.com
などが1つのWordpressのインストールとDBでできるということです。
これは、インストールのめんどうの回避、Webスペースの節約、DB資源の節約(DBの数が制限されているレンタルサーバなど)、あと、もちろん、管理のしやすさにつながります

管理のしやすさでは、プラグインやテーマを一括管理できるというところでしょうか。ただ、少し制約がある場合がありますが、気になるほどではありません。

[手順備忘録]

0.とりあえず、ログアウト

マルチドメインかするWordpressのダッシュボードからとりあえずログアウトしておきましょう。
必要の可否は不明ですが…。

1.サブドメインと作る

ま、当たり前といえば当たり前ですが…。
ここで注意するのが、サブドメインの参照先、つまり公開フォルダですが、メインサイトと同じにしておくこと。つまり、この時点では、サブドメインを閲覧した場合、Wordpressのメインサイトを参照することになります(Wordpressの仕様上、違うサブドメインでアクセスして表示されるかどうか…、試してみなかったのでわかりません)。

ここでは、hoge.uoshichi.comというサブドメインと作ったとして、備忘します。
ちょっと気持ち悪いのですが、いったん、同じフォルダを参照します。
www.uoshichi.comの参照先→/pulic_html/uoshichi/
hoge.uoshichi.comの参照先→/pulic_html/uoshichi/
と書くまではないのですが、同じです。

2.Wordpressのwp-config.phpを書き換える

※hetemlなどのレンタルサーバでおまかせインストールすると属性が400になっています。
書き換えて「アップロードできない!」などとなりますので、アップロード時にサーバ側の属性を一時600などに変更しておく必要があります

さて、手順としては簡単で次の1文を任意の位置に追加します。ま、どこでもいいので、最後の一文にしましょう。

define (‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

で、これを上書きしたら、ダッシュボードにログインします。

3.すべてのプラグインを無効化する

02プラグインを無効化します、理由は不明ですが…。
プラグインをたくさん入れていて、また、すべてのプラグインが有効になっていない場合、どれが有効になっているか忘れてしまうことがあるので、有効になっているプラグインをメモしておきましょう

4.ネットワークの設置

03ダッシュボードの[ツール]から[ネットワークの設置]を選択。
すると以下のような画面に遷移します。

 04

 

とくに変更する必要はないので、[インストール]をクリックします。
ただし、とくに管理者のメールアドレスはきちんとチェックしておきましょう。

5.またまたファイルの書き換え

[インストール]をクリックすると下記の画面になります。

07

指示に従って、wp-config.phpと.htaccessを書き換えます。

wp-config.phpは指示の位置に追加、.htaccessは「#END WordPress]の直前に追加するのがいいでしょう。

追加して、サーバ上に上書きしたら、ダッシュボードからログアウトします。

6.ログインして、設定

ここでログインすると、少し様相が変わったダッシュボードになります。
ここは、ネットワーク管理用のダッシュボードです。

さて、新しいサブドメインを追加しましょう。
左側のメニューから[サイト]→[新規追加]を選びます。
すると次の画面に遷移します。

06

3つの入力を促されますので

サイトのアドレス=サブドメインのアドレス。たとえば、http://hoge1.uoshichi.comなら「hoge1」とサブドメインのアドレスの文字のみを入力します。
サイトのタイトル=ここは後で変更できますので、とりあえず適当にw
管理者メールアドレス=今まで同じにしておいたほうが、とりあえず便利です

以上のように書き込み、[サイトを追加]をクリックします。

以上で終了です!
そうそう、無効になっていたプラグインを有効化しておきましょう。

記事を作成する場合などは、ネットワークの[参加サイト]から目的のサイトを選びます

このとき、追加したサイトが現れない場合は、いままでと違うサイト管理ユーザーを指定した場合があります。
このときは、ネットワーク管理のダッシュボードから[サイト]→[すべてのサイト]から目的のサイトを選び、上部の[ユーザー]のタブから既存のユーザーを追加しましょう。